まことの礼拝者になろう

2018年2月18日 第二列王記  3章9~12節

 

北イスラエルの王ヨラムと、南ユダの王ヨシャパテは連合軍を編成してモアブ討伐のため進軍したが、水不足のため立ち往生。進むことも退くこともできない状況になった。さあ、どうするか。

①ふたりの王の反応は対照的だ。
◎ヨラム王の反応……もう最悪!。神はわれらを見捨てた。悲観的でネガティブな反応。これを「ヨラム的クリスチャン」と呼ぶことにする。
◎ヨシャパテ王の反応……神に祈ろう。神の御心を求めよう。ことが上手く行かなくても、神を信頼してポジティブに反応する。これを「ヨシャパテ的クリスチャン」と呼ぼう。
◎両者の違いはどこから来たのだろうか。

②偶像礼拝が及ぼす影響とは……。
①偶像礼拝者は自分に都合の良いことが進むように祈る。(自分中心)だから、都合の悪いことが起こると、神に見放されたと感じる。願いことばかりして、神が何を願っておられるのかを問わない人々。
②偶像礼拝者は肉体的な必要を最優先する。(肉体中心)だから、一般宗教は人気がある。霊的必要には無関心。

③まことの礼拝者になろう。
◎とはいえ、神は私たちの肉の必要にも配慮なさる。荒野でマナを与えエリヤに食事を整え、5千人の人々の給食を用意なさった。
◎しかしそれは、私たちが霊魂の食物である御言で生きることを学ばせるため。まことのパンであるイエスを知るためだ。
◎さあ、まことの礼拝者になろう。神の御心はそこにあるのだから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中