聖書に立ち還る

2018年3月11日 第二列王記  23章21~27節

 

①ヨシヤ王は暗闇に輝く世の光となった
◎ヨシヤ王は多難な時代に王となった。父アモン、父祖マナセは国に偶像礼拝を積極的に取り入れた王。父祖マナセの時代は、南ユダの暗黒時代と称されている。
◎世の力はまことの礼拝から引き離し、偶像礼拝へと向かわせる。なぜなら世の価値観は「人間中心」が基本だからだ。
◎かたや「主の祈り」の前半にあるように、キリスト信仰は「神中心」が基本。「人間中心」と「神中心」は相容れない。「肉は御霊に敵対する」「世はあなた方を憎む」と言われた通りだ。
ヨシヤ王の努力にもかかわらず、神は既に南ユダを滅ぼすと決めておられた。それでも、ヨシヤは神への真実を尽くした。世の光として生きた。世は滅びに向かっているが、私たちは希望の光として信仰を灯し続ける使命がある。

②ヨシヤ王は聖書に立ち還った
◎ヨシヤの改革は聖書に立ち還る運動だった。聖書を通して、自国が滅びに向かっていると分かった。偶像礼拝が罪だと分かった。
◎聖書が基準だ。聖書を基準にヨシヤは宗教改革を行った。

①偶像を取り除いた。我々にも偶像はないか。神の忌み嫌われる魔術、占いなどはないか。エペソ教会では銀5万相当の魔術本が焼却された。
②まことの礼拝の回復。久々の過越祭。過越祭はイスラエルの原点。アイデンティティ-だ。なのにそれは数百年も行われていなかった。新約のそれは「聖餐式」。主の死と復活を覚える礼拝のこと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中