ヤコブの殉教とペテロの救出

2018年7月15日 使徒の働き  12章 1~17節

 

◎使徒ヤコブはヘロデ王に捕らえられ殉教した。その触手はペテロに及んだが、ペテロの場合は天使が遣わされて救出された。
今も天の御使は働いていて、救いを受けた私たちに仕えている (ヘブル1:14)。では、ヤコブに仕える天使は何をしていたのか。きっと、殉教の恐怖に勝利できるように助けてくれたはず。あのゲッセマネの祈りで、御使がイエス様を励ましたように(ルカ22:43)。

◎御使は私たち同様に霊的存在だが、人間のように肉体的な制限や弱さがない。なのに、神は、福音宣教の働きを御使ではなく、弱さのある人間にゆだねられた。御使にやらせれば効率よく進むであろうに……。
◎神は効率よさを求めておられるのではない。神が求めておられるのは、悔いし砕けし霊魂まことの礼拝者謙遜と従順を学んだ神の子たちだ。だから、あえて神は、人を御使よりも低い者として創造なさった。だから、神は人を哀れみ、恵みを施されるのだ。
◎弱さを嘆くのをやめよう。この弱さの中で、神への謙遜と従順を学ぶことに焦点を合わせよう。そして、この人としての弱さの中に、神の御業が現されるよう祈るのだ。

◎教会はヤコブのためにもペテロのためにも熱心に祈った。しかし、結果は違った。ヤコブのためには祈りが足りなくて、ペテロのためには熱心に祈ったから……というのでは全くない。
◎神は、殉教という方法で神の栄光をあらわし、また、奇跡的な救出という方法でも栄光をあらわされる。どのようにして、神が弱い私たちを用いられるのか、私たちには分からない。だから祈ろう。神の御心がなりますように。神の御業が現れるように。万事を益となさいますように。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中