復活の奥義

2019年4月21日 コリント人への第一の手紙  15章50~58節


◎復活がなければ信仰は空虚だ(15:17)。復活は神から私たちへの「報い」だ。神は、私たちの信仰に報いてくださる。だから、励みなさいと命令している。
◎肉の体で復活するのではない。朽ちない体に復活する

◎ラッパが鳴り渡るとき ……とあるが、主イエスの再臨の時だ。イスラエルの民はラッパの合図で天幕を片付け旅立った。同様に、肉の体は終わって朽ちない体に復活して天に入る。

◎現在の肉体は地上で働くための「幕屋」であり「」のようだ。服である肉体はやがて朽ちる。服のために生きるのではなく、服を着て神の栄光のために生きる。これが信仰生活

◎種はまかれるとその形状は朽ちるが、そこから新しい生命が始まるように種のように肉体でまかれて、御霊に属する体に復活する (15:42-44)。つまり、御言によって養われた霊魂が復活の体に変化する。
◎蝶の幼虫は葉っぱを食べて、やがて死んだような「サナギ」になるが、やがて美しい蝶となって姿をあらわす。まるで復活の奥義を表現しているように思う。

◎神の御言を食べるとは記憶することではない。記憶は肉体(脳細胞)に記録されて、肉体が朽ちると共に消えて行く。
◎御言を食べるとは体験することだ。聞いて行うとは体験を意味する。体験した御言は私の霊魂に刻まれる。肉体が朽ちても消えない。
◎歳をとり肉体が弱り様々な記憶が薄れても、御言に養われた霊魂は輝きを増す。そして遂に朽ちない体に復活する。

油注がれた者・キリスト

2019年4月14日 マルコによる福音書  14章1~9節


過越祭と種なしパンの祭の2日前のこと。今週の水曜日にあたる。登場する女性とは、ヨハネ福音書によると「マリヤ」だと記録されている。彼女のしたことは、不信仰な者には無駄だと映るが、イエスには「福音と共に語られること」となった。

①香油の注ぎは、イエスがキリストであるとの告白。
◎キリスト (メシヤ) とは「油注がれた者」の意。旧約では王と大祭司にも油を注いで任命した。イエスこそ、究極の王であり大祭司だ。

②香油の注ぎは、埋葬の用意であった。
◎大祭司の任務は、民の罪のゆるしを神に祈ることだ。罪の代価として生贄の血をたずさえて、神の御前に祈るのだ。
◎旧約の場合、その血は動物の血であった。本物の生贄が登場するまでの代用品である。本物とはイエス·キリスト。イエスは動物の血ではなく、ご自分の血をたずさえて神の御前に祈られた。「父よ、彼らをおゆるしください」と。これこそ大祭司の任務
◎マリヤはイエスがそのような死を覚悟なさっているのを悟って葬りの用意をしたのだ。御言を聞き続けたマリヤだからこその応答だった。

③香油の注ぎは、神の愛への応答だった。
◎福音は、神が私の罪のためにいのちをささげてくださったことだ。つまり神の献身だ。マリヤはそれに応答して、自分の財産ともいえる香油をイエスに注いだ。献身の応答だ。
◎福音が語られるところでは、このような献身も共に語られるべきだとイエスは命令された。私たちの応答はどんな香油だろうか。

召しにふさわしく歩け

お詫び:録音に不備があり、今週の説教(音声データ)を公開することができませんでした。
楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ございません。説教の要約は下記の通りです。

2019年4月7日 エペソ人への手紙    4章1~16節

エペソ書4~5章は幾つかの「歩け」の命令からなっている。

召しにふさわしく歩け(4:1)
◎「召し」とは権威ある方から大切な任務のために呼び出されること。
◎神が私たちを特別な使命のために召してくださった。それは、私たちが「ひとつ」になってキリストの姿をあらわすことだ。

◎「ひとつ」とは、皆が同じになることではない。各自は違うが、愛によって組み合わさって、キリストの体となって行く事だ。
◎そのことによって、現在も、キリストはこの高崎の地に姿をあらわされる。神の国の祝福を実現するために、神のきよさを地上に示すために。

◎この尊い「召し」を忘れない。

異邦人のようにむなしいして歩いてはならない(4:17)
◎イエスを信じて天に国籍のある者以外の人々が「異邦人」。私たちは天に国籍のある者たち。天国人だ。だから、地上に国籍のある者のように歩いてはならない。
◎その私たちが地上に生きているのは、キリストの姿を世に現すという任務のため。務めを終えれば天に帰る。

◎「むなしい心」とは、実のない状態。知識、地位、富……それは、やがて朽ちてしまう。それは本当の実ではない。
◎むなしい心には「空洞」がある。それは「神のかたち」をしている。神のかたちであるキリスト以外に埋めるものはない。

すべては恵みによって

2019年3月31日 エペソ人への手紙    2章1~10節

◎「罪過と罪によって死んでいた」(2:1) とは霊の死のこと。「霊の死」とは神との交わりが途絶えている状態。だから、「空中の支配者(悪魔)」に従って歩んでいた。生まれながらの御怒りの子だった(2:2-3)。
◎そのような死の世界から、キリストと共に生かされた。つまり、救いを得た。そればかりか、キリストと共に天に座するに至った(2:6)。 これが私たちの天上の身分。放蕩息子が我に返ったように、自分の身分を知ろう。

この救いは恵みによる。行いによるのではない(2:5、8)。つまり、救いはプレゼント(無料)だ。世の中では、無料をうたい文句にあとから多額を請求されるが……。
◎神の恵みもそうなのか。ただで救われると言っておきながら、後から良い行いをたんまりと請求されるのか。そんなことはない。
◎救われるためにも「行いによるのではない」のと同様に、救われた後も「行いによるのではない」。そういわれて極端な論説のように思えるのは、それほどに、私たちは「行いによって義とされる世界」の価値観にドップリと浸かっているのだ。

◎現世は相変わらず「行いによって義とされる」世界だが、せめて神の御前では、何もしないでも信じることで義とされる世界を確保すべきだ。
◎その世界のことを「安息」という。神は、安息日には何もするなと命じられた。イエスは「わたしのもとに来て休め」と言われた。神の恵みの中でしっかりと安息することが大切だ。
◎良い行いも恵みによって用意されている (2:10)。恵みを知る前に、肉で動き出してしまうのだ。何もしないマリヤであったが、最後に良い行いが用意されていた。救われるのも恵みによって。 救われた後も恵みによってだ。