仕える者たちの国

2017年12月17日 マルコ福音書9章38~41節

 

◎ヨハネは行動を共にしない人々に批判的であった。
◎この根っ子にある考えは何だろうか。自分たちこそ正統派だという独善的な考え方だ。

◎この出来事の直前に、イエスは「仕える者になりなさい」と教えられたばかりだった。(9:33-37)。偉い人とは「仕える人」であると教えられた。立派な人、地位のある人に仕えるだけでなく「幼な子に仕える」のだ。見くだしてしまう「小さな者」に仕えるのだ・・・と。
◎この「仕える者」こそ、天国と地上の国との大きな差だ。これは天国の塩味だ。これを失ってはならないと、9章の最後で締めくくられている。

さわったのはだれか

2017年12月3日 マルコ福音書5章25~34節

※ 12月17日にデータを更新しました。31分50秒~40分10秒に「証し」を追加しました。
プライバシー保護の観点から一部に音声処理をしております。ご了承ください。

①さわったのは、ひとりだけだった。
◎イエスにさわろうと群衆が殺到していた。物理的にイエスにさわった人は相当数であった。しかし、イエスにとって、本当にさわったのはひとりだけであった。

②なぜイエスはこの婦人を見つけ出そうとなさったのか。
◎彼女はいやされたのだから、こっそり帰宅しても良かった。しかし、そのままだと、あのいやしは偶々だったのか、と信仰は薄れていっただろう。だから、イエスは彼女の信仰を確かなものにされた。
◎私たちも信仰を告白しよう。証ししよう。黙って心の中だけの信仰にしていたら、いずれ薄らいでしまう。ヤコブが体験したことを石碑にして建てたように、証しという名の石を置いて行くのだ。

祈りの家ととなえられる

2017年4月9日 マルコによる福音書11章15~19節

※説教のなかで、「初穂の祭は過越の祭後の最初の安息日」と語られていますが、正しくは、過越の祭後の最初の安息日の翌日(必ず日曜日になる)が初穂の祭です。訂正します。(藤原)