ヤコブの殉教とペテロの救出

2018年7月15日 使徒の働き  12章 1~17節

 

◎使徒ヤコブはヘロデ王に捕らえられ殉教した。その触手はペテロに及んだが、ペテロの場合は天使が遣わされて救出された。
今も天の御使は働いていて、救いを受けた私たちに仕えている (ヘブル1:14)。では、ヤコブに仕える天使は何をしていたのか。きっと、殉教の恐怖に勝利できるように助けてくれたはず。あのゲッセマネの祈りで、御使がイエス様を励ましたように(ルカ22:43)。

◎御使は私たち同様に霊的存在だが、人間のように肉体的な制限や弱さがない。なのに、神は、福音宣教の働きを御使ではなく、弱さのある人間にゆだねられた。御使にやらせれば効率よく進むであろうに……。
◎神は効率よさを求めておられるのではない。神が求めておられるのは、悔いし砕けし霊魂まことの礼拝者謙遜と従順を学んだ神の子たちだ。だから、あえて神は、人を御使よりも低い者として創造なさった。だから、神は人を哀れみ、恵みを施されるのだ。
◎弱さを嘆くのをやめよう。この弱さの中で、神への謙遜と従順を学ぶことに焦点を合わせよう。そして、この人としての弱さの中に、神の御業が現されるよう祈るのだ。

◎教会はヤコブのためにもペテロのためにも熱心に祈った。しかし、結果は違った。ヤコブのためには祈りが足りなくて、ペテロのためには熱心に祈ったから……というのでは全くない。
◎神は、殉教という方法で神の栄光をあらわし、また、奇跡的な救出という方法でも栄光をあらわされる。どのようにして、神が弱い私たちを用いられるのか、私たちには分からない。だから祈ろう。神の御心がなりますように。神の御業が現れるように。万事を益となさいますように。

イエスの名によって歩け

2018年7月8日 使徒の働き  3章 1~10節

 

①初代教会の基礎知識
◎初代教会のクリスチャンは神殿の午後3時の祈りを献げるなど、ユダヤ教の習慣を引き継いでいた。イエスを信じたので、ユダヤ教をやめてキリスト教に転向したという感覚はなかった。
◎むしろ、イエスを信じて聖霊を受けることでユダヤ教は完成すると考えた。しかし、後の歴史はユダヤ教とキリスト教の分離と乖離。キリスト教会は根っ子の部分であるユダヤ性を否定してしまった。

②午後3時の祈り……信仰生活の工夫
◎時間を決める。場所を決める。などは信仰の良い工夫。律法的になってはいけないが、信仰の実践·生活化の工夫を見習おう。

③イエスの名によって歩きなさい
◎絢爛豪華な神殿と、歩くことの出来ない物乞いとは対照的。神の名を置く神殿だが、神が共におられない。そんな神殿に身を寄せていた彼は癒されることなく歩くことが出来ないでいた。
◎しかし、新約の本当の神殿があらわされた。イエスの御名を受け入れたクリスチャンが神殿神の名のあるところに、神は共におられ、関心を持ち、祝福される
◎ペテロもそうであったように、私たちも金銀はない。しかし、私たちにあるもの……それはイエスの御名。この名の恵みを知っているだろうか。「わたしの名を使っていいよ!」と私たちに賜ったのだ。
◎この男が癒されることを通して、イエスの名に力がありこの名が神の名であることを証しした。私たちも、イエスの名を信頼し、期待して祈ろう。主は黙っておられないはずだ。イエスの名によって歩こう。

イエスの証人として

2018年7月1日 使徒の働き  1章 6~11節

①「使徒の働き」の意義
◎新しい契約は厳密には聖霊がくだってから始まった。だから聖霊がくだって後の記録「使徒の働き」は私たちの模範であり指針だ。
◎福音書は旧約と新約の移行期。だから、旧約の要素も入っている。だから、救われる為に良い行いが必要と思われる記述もある。そんなイエスの教えを、聖霊を受けた使徒たちは、「信仰によって救われる」と理解し教えた。
◎「使徒たちの教えを固く守り」とあるが(使徒2:42)、イエスの御言を使徒たちがどう解釈し生きたかが模範であり指針になるのだ。ただし、決して〝使徒たちの教え〟が、イエスの御言を超越するものではない。
②神の国の約束について
◎6節「今こそイスラエルのために国を再興するのか」と質問している。旧約聖書は「神の国の約束」で満ちている。キリストが王として統治する王国の実現だ。彼らはその約束に基づいて質問した。
◎しかしイエスは、その実現は今ではないと応えられた。時や場合は、父なる神の領域だ。つまり、私たちのすることではない。キリスト教会の歴史は、神の国の解釈の違いによって混乱している。
③地の果てまでイエスの証人として生きる
今、私たちのすべきことはイエスの証人として生きることだ。そのために神は聖霊を私たちに注がれた。これが新約クリスチャンの使命だ。
◎聖霊がくだれば「力を受ける」と約束。この力とは人間的な力や能力ではない。イエスを証しする勇気クリスチャンとして生きる勇気
◎テモテは勇気を失っていた。神が与えた聖霊は臆病の霊ではない。カと愛と慎みの霊だ。さあ、この聖霊によって勇気を得よう。イエスが再び来られるまで、イエスの証人として生きよう。