金666タラント

2018年6月24日 第二歴代誌 9章13~21節

 

①ソロモン王の栄華と富
◎今日の聖書ヶ所には当時の繁栄ぶりがうかがえる。1年間に金666タラントの歳入があった(1タラント=33kg  金価格4,500円/グラム)。
◎旧約時代は、「富」「子孫」「長寿」等が祝福のしるしだったが、それは天における本当の富を示す「ひな型」であって、仮の富である。

②ソロモン王はその富をどのように受け止めたのか
◎伝道の書(コヘレトの言葉)はソロモンの告白だ。彼は「すべては空だ」と告白した(1:2)。
◎空(むな)しさは人間特有の大切な感覚。パンだけではなく、神の御言によって生きる人間だからこそ持っている感覚。だから、ソロモンは創造主を覚えよと語ってこの書を終えている (12:1)。
◎神を知り、神との親しい交わりこそ本当の富、本当の豊かさだ。イエスは、豊作を喜んだ農夫を「愚か者」と呼ばれた。自分に富んで、神に対して富まない生き方は愚か者だ。

③金の目方が666タラントであった……その意味は
◎ソロモンが手にした金666タラント。その数字に注目しよう。聖書では「7」が完全数。「6」はその手前であって不完全を意味する。
◎ソロモンが求めた本当の豊かさを、今やイエスさまによって得ることが出来る。それは永遠のいのち罪からの救い神との親し交わりだ。

彼らはくじを引いた

2018年6月17日 第一歴代誌 24章1~5節

 

◎神殿奉仕者を決めるのにくじを引いたという記録だ。聖書にはこのような記録は幾つも記されている。聖所で香をたく奉仕をくじで引き、ゼカリヤに当たったこと(ルカ1:5-9)。ユダの欠員をくじで決めたこと(使徒1:23-26)。

◎「くじを引く」とは何を意味しているのか。神に任せる領域があることを教えている。しかし、私たちは自分でキチンとやり過ぎたり、責任を負い過ぎたりして、「くじを引く」という領域を失っていないか。

◎自分で把握し、計画し、準備し、コントロールできると思っているが、意外や自分に決定権のないことが実に多い。生まれも、時代も、育ちも……。自分の人生の何割を自分で決めることが出来ているだろうか。実に少ないとに気付く。

◎なのに……。人は、神でもあるかのようにコントロールしようとする。昔は、コントロールできないことだらけであった。人と会うにしても行き当たりばったり。出たとこ勝負。だから、神さまにお任せするしかない領域が沢山あった。

◎なのに……。自分で支配できると思い込んでいるので、思い通り行かないことに怒ってみたり苛立って、更には極度の緊張とストレスによって心が病んでいる。それは自分を神とする現代病だ。「くじを引く」という領域を失った人々の心の貧困だ。

神におまかせするしかない領域を持っている人は、豊かさのある人生だ。私は人であって、神ではない。全てを制御しようとする誘惑を捨てよう。私の足りないところに、把握できないところに、責任を越えたところに、神がお働きになり栄光を現される領域があることを信頼し祈ろう。

ヤベツの信仰

2018年4月29日 第一歴代誌  4章9~10節

比嘉正元牧師による説教です。

 

①悪い環境で育ったヤベツ
◎ヤベツは母親が悲しみの中で産んだと言うことで、悲しみや苦しみを意味する〝ヤベツ〝と命名された。
◎ユダヤ人の思想として、名は体を表すと考えられている。そんな中で彼は、毎日のようにヤベツとよばれた。さて、どんな感情が生まれるのだろうか。どんな運命をイメージするのだろうか。

②ヤベツの神への信仰

◎自分の生い立ちや運命から見ると、良い人生を描きにくい。しかし、ヤベツは逆境から、運命を変える神へ訴え始めた。
◎旧約の時代に、ヤベツは「神は良い神だ」と考え、「恵み豊かなお方だ」と考え、「自分が苦しむ(ヤベツ) ことのないように」と祈った。
◎これがヤベツの神への信仰で、自分の人生を大きく、大胆に描いた(4:10)。

③神と共なるヤベツになった
◎ヤベツは自分が悪い環境で育っても、神と共に歩む自分の人生を描いた。神はその願いに応えてくださった。
◎新約の私たちは、より明確にキリストに贖われた人生を歩む者となった。ガラテヤ3章13節にあるように「律法の呪いから贖い出して」くださったのです。これはアブラハムへの祝福が異邦人の私たちに及ぶためです。
◎どんな環境に生まれようと、神と共に歩む新約のヤベツは、自分の人生を大きく大胆に描き、神に求め祈ることができるのです。
◎あなたはどのように求めるのか。